赤毛のSayo's dairy

イギリスのワーホリ(YMS)についての備忘録

ロンドンのクリスマスマーケット③

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

 

なんだか今月に入ってからインターンとか、仕事が多くてバ〇コさん化しているSayoです。

 

インスタに載せましたが、先日レスタースクエアでクリスマスツリーの点灯式がありました。

その帰りにクリスマスマーケットにも寄りました~!

クリスマスマーケットって場所によって、雰囲気もお店も違うから、ついふらりと吸い寄せられるように行っちゃいますよね。笑

この前行ったマーケットとは違うユニークなお店があって、個人的に好きな雰囲気だったのでご紹介。

 

今回行ったのはレスタースクエアのクリスマスマーケット。

www.christmasinleicestersquare.com

 

マーケットの全体図はこんな感じ。公式HPから拝借。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210094006j:plain

 

このマーケットは、ナショナルギャラリーの裏側に位置する広場で開催されています。

レスタースクエア駅または、ピカデリーサーカス駅から歩いていくと近いですよ。

 

上の全体図手前側が正面ゲートで、警備の人が立って手荷物チェックをしています。

真反対に裏面ゲート(全体図だと赤いお店横の大きい通路)もあり、どちらからでも入退場OKです。

私は点灯式帰りに、ナショナルギャラリーの裏からグルッとまわって行ったので、裏面ゲートから入りました。

裏面は手荷物チェックをしてなくて、お姉さんが数を数えるやつをカチカチしてただけでした。

人によって違うっていう海外あるあるかもしれません。

 

ともあれ、このマーケット一帯はイルミネーションがすごい綺麗でしたよ~!

 

裏面ゲート

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210095812j:plain


見上げると雪が降っているようなイメージのイルミネーション。

個人的にすごい好き。飽きずにずっと見ていられる綺麗さでした。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210100642j:plain

 

入ってすぐのところに、子供たちがサンタと会える小屋があります。

サンタと会うのは有料でした。世知辛い。

ちなみにサイトでは£11.5(1700円弱)、付添いの大人が入場するには£6.5(1000円弱)で案内されています。なかなか強気。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210101002j:plain

 

他にも可愛い工芸品のお店があったり

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210101323j:plain

 

綺麗な細工のランプのお店があったり。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210101335j:plain

 

ランプのお店は広くて、上の細工のランプと、下の陶器でできたランプやメリーゴーランドのように、くるくる細工が回るランプも販売していました。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210101349j:plain

こういう綺麗なランプって見てると心穏やかになれるので、買おうか迷いましたが、種類が多すぎて迷いすぎてやめるっていう。笑

 

こちらは子供や家族の顔写真をいれるぬいぐるみのお店。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210101837j:plain

ツリーに飾ってあると、何気にシュールだなと思うのは私だけでしょうか…笑

 

私が行ったのは平日でしたが、マーケットのパブスペースは大賑わいでした。

ここのスペースに一番人が多かった。

正面ゲートから入ってすぐの所に、位置しているからっていうのもあるかも。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210102303j:plain

みんな楽しそうで、見てるこっちも楽しくなって。

1人ぶらり散歩的な感じだったけど、すごく楽しかったです。

 

正面ゲートの横には、ショーの開催スペースが設けられていましたよ。

開催期間中、公式サイトでチケットを購入すると鑑賞できるみたいです。

現地で買うこともできるかもしれませんが、日時やシートのランクによって金額が変わるショーもあるし、売り切れの可能性もあるので、確実に見たい方は必ず事前確認してみてくださいね。

一番上に貼り付けている公式サイトのリンクから、チェックできますよ。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210102556j:plain

大人も子供も楽しめそうなショーがいっぱい開催されています!

大体どれも1日1~2公演。

 

個人的に気になったショーがこれ。

Briefs:Close Encounters(ブリーフ:クローズエンカウンター)

ポスターがもはや刺激強め。見るときは一応1人で見てね。

もしかしたら苦手な人もいるかもしれません。

本屋でananのきわどい特集を、立ち読みしてるような気分になるかも。笑

 

ロンドンの地下鉄にこれがドーン!と大きく広告されていて、日本との文化の違いを感じました。正直日本だと、広告するの賛否両論になりそうなやつ。

 

色んな芸術作品が公共の場でこうしてオープンに、誰でも触れられるようになってるのって、心底素晴らしいなと思います。

 

この広告を間近で見ると、男性全員が本当に綺麗にメイクアップしていて、スタイルも抜群で「プロってこういうことだな」って感心したのです。

髭ありきでメイクが似合うって、女性として私はどうすりゃいいんだ…って思わずにいられなかったくらいの見事なバランス。

素晴らしいとしか言いようがないです。

 

ショー自体もストロボで激しめの演出があるようです。

ちなみに16歳以上におすすめってことでした。

そんな広告がこちら。

 

 

 

 

f:id:sayoo_de_kensaku:20181210104859p:plain

センターの人、美しすぎですよね。

もうなんか、もっと色々頑張ろうと思いました。

体引き締めて、ちゃんとメイクしよう。みたいな。

してないんかいって話しですが、どうしても怠けちゃうよね。

いやー、良き刺激。

 

日本とは全然違う作品を楽しめるのも、海外での楽しみの一つなので見てみたいなと思ったのでした。

これは£28.5(4100円)からチケット販売されています。

シートによって金額は異なりますよ。

 

レスタースクエアのクリスマスマーケットは1月6日まで開催です。

ちなみに上のショーは1月3日まで。

それぞれ日程が異なるので、お見逃しの無いよう要チェックです。

 

今年はロンドン楽しんだので、来年はイギリスの他の地域や海外に行けたらと思います\(^o^)/

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!