赤毛のSayo's dairy

イギリスのワーホリ(YMS)についての備忘録

いざ、トランスファーワイズ!

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

 

前回無事に(?)送金方法決まったので、今回は実際に使ってみる。の巻。←

www.akagenosayoo.com

 

 

私が使うことにしたのはトランスファーワイズ。

transferwise.com

 

・送金手数料安い

・送金手数料以外の手数料0円

・24時間申込みOK

・全部インターネットで完結

・サイトまたはアプリからもできて簡単!(これ重要)

・入金までにかかる時間が短い

・為替レートも良き

 

個人的にデメリットは思い浮かばなかったので書きません。

 

手数料ってそもそもなぜ発生するかというと、お金が国から国へ国境を越えて移動するからなんですって。人で言う交通費みたいなもんですかね。

で、銀行から銀行へ動いて手間かけさせやがって的な感じになるので、あちこちで発生した手間賃がさらに差し引かれ。

手数料を少し安く見せるために、為替レートにちょっと上乗せなんかして。

支払って受け取った時には、びっくりぽんな合計手数料の金額になっているんだそうな。

 

なんてこったパンナコッタな感じですよね。←

 

ただこれが今までのセオリーでした。

けど革新をもたらしたのが、トランスファーワイズ。

 

なぜこんなに手数料が安いのか。

 

お金が国を越え、手間がかかるから、手数料とるんだよね。

じゃあ国を越えなかったら、手数料いらないよね。

 

うんうん。それな。まさしく。けどそれが難しいんやん。

 

 

システム作ったよ☆

 

え。やばい。あったま良いーーって感じ。←

 

詳しいシステムはHPへどうぞ。

文章で説明するの難しい。←

 

前置きが長くなりましたが、やることはこちら

・トランスファーワイズの口座開設

・送金手続き

・トランスファーワイズの口座へ入金

・本人確認、書類受取

・書類に記載のコードを入力

 

まずはトランスファーワイズにサインアップして口座を作ります。

私はイギリスからサインアップしたので、非居住者で申請し、本人確認書類はパスポートにしました。

口座作成はすぐに完了。本人確認も比較的すぐにできたので、1~2時間後には送金申込みできる状態になっていました。

なので日本の口座から日本円をトランスファーワイズの口座へ振り込み、モンゾ銀行の口座へポンドで入金されるよう手続き。

 

ここでちょっとストップ。

 

日本円を海外送金する場合、事前に必ず日本の居住地へ住所確認のアクティベーションコードが記載された書類(簡易書留・転送不要)が届くので、そのコードを入力するまでは送金されず保留になります。

 

私は初回で10万円以上だったので、この書類が実家に届くのを待ち、親に教えてもらいました。※初回でも送金額10万円以内の場合はコード不要らしい。

この書類、大体3~4日で届きました。居住地が首都圏ならもう少し早いのかも。

 

そしてアクティベーションコードをいれて待つこと数分。

送金できましたー!!!早ーい!すごーい!

f:id:sayoo_de_kensaku:20181121085414j:plain

↑こうやって流れが見えるのいいですよね。わかりやすい。

 

手数料も本当に送金手数料しかかからなかったです。

f:id:sayoo_de_kensaku:20181121085442j:plain

 

手数料たったの1510円。安い。

ちゃんと送金前にサイトで手数料計算できるので、確認して納得の上で送金できます。

ちょっとよく分からない手数料で、手元に来たお金めっちゃ減ってるなんてことも無い。

 

思った以上に使いやすい、わかりやすい、早い、何より簡単でした\(^o^)/

 

1つ、個人的にデメリットとまでは思いませんでしたが、懸念点として。

もしかするとアクティベーションコードだけ、受け取れないって方がいるかもしれません。

本人確認書類に記載の住所と、申込み時の入力住所は一致させないといけなかったはずなので、住所変更がある場合はトランスファーワイズへ連絡するといいみたいです。

 

毎度おなじみになってきた紹介リンクはこちら↓

transferwise.com

£500まで手数料無料で送金できるみたいです。

3人使ってくれたら私にも£50くれるらしい。太っ腹か。

 

 

 

ということで使ってみるの巻。でした。

これでとりあえず一安心!