赤毛のSayo's dairy

イギリスのワーホリ(YMS)についての備忘録

私の英語力

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

 

書いたように思って書いてなかった、私の英語力。

 

お察しのとおり、皆無

悲しいかな本当に話せません。

話そうと思うと意味不明にテンパって頭真っ白、何も出てこなくなります。

 

1か月経ってまだ何かは出てくるようになりましたが、まだまだ聞き取れないし、言いたいことを言いたいように言えない。

 

TOEICスコアは2年前か3年前に1度受験して、330点でした。

ビックリしました?実話ですよw

このスコア以下の人に私は出会ったことありません。

そして他のテストは受けたことありません。

IELTSだと判定不能のスコアですね。

レベル分けだとA1かA2でしょうか。

 

私の英語経歴↓

中学英語1年 まだ分かった

中学英語2年 微妙なとこもあるけどわかってたと思う

中学英語3年 やばいかも

高校英語 完全に混乱している…!

って感じで学生時代を過ごし、その後専門学校へ進学して完璧に英語から離れた生活を送っていたので、まるっと忘れましたね。←

 

その後、仕事でちらほら英語が見え隠れするようになったり、友達の友達が海外の人だったりでこれは勉強し直さないとやばいのでは?

と危機感を抱くようになりました。少しだけ。

 

しかもやり直すならちゃんとやり直したい!話せるようになりたい!

と思って選んだのが通訳学校。

 

いや、間違ってなかったと思う。多分。

実際、学校に行っている間はちょっとだけど話せるというか、言葉が出るようになっていました。

これ29歳くらいのこと。

ワーホリが決まって、お金貯めなきゃってなって途中で辞めて、返ってきたお金をワーホリ費用にあてました。

学校行ったのは3か月くらい、週3回行って結構ハードだった。

宿題の量も半端なく多かったし、無理矢理でも何か話さないといけなかったし、本当に社会でコミュニケーションをとらないといけない場面においての即戦力を養ってもらえたと思います。

 

辞めちゃったのは残念だけど、また勉強してちゃんと自分の言いたいことくらいは言えるようになって、相手の話している内容も理解できて、コミュニケーションとして成立できるようにはなりたい。

ネイティブとか第2外国語学習者とか相手が誰でも関係なく。

 

聞いてはいたけど、本当に話す人のバックグランドによって、アクセントも言葉のチョイスも違うから、何を言われているのか耳が慣れるまで時間がかかります。

そして色んな国の人と話さないと違いがわからない。

いま英語話されてるよね?あー分かんない!聞き取れない!ごめん!って思うのも事実。

同じ英語なのに全然違う言葉に聞こえます。

きっと相手も私の英語に対してそう思ってるw

 

youtubeで勉強していても分からないものは分からない…!

youtubeで見るのは分かるのに…!

なかなか理解できるようにならない私の頭。くそぅ。悔しい…!

なんて色々葛藤しつつ、当たって砕ける生活を送ってます。

 

 

また勉強法については改めて書こうと思います。

現地で友達100人できるかな。