赤毛のSayo's dairy

イギリスのワーホリ(YMS)についての備忘録

イギリス入国審査

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

 

ついに!ヒースローに着きましたー!

ということで待っているのが最後の難関、入国審査。

英語が全くできない私にとってはドッキドキ。

 

入国審査の時に提出するカードも英語表記なので、間違えないように日本から持ってきていた地球の歩き方を見ながら記入。

↑海外慣れてないやつが旅に出た時の典型。

 

機内で書けるようにボールペン持って入るのおすすめ。

無いと入国審査の列に並ぶ前に記入台が設けられていますが、時間短縮のためにも機内で書いておいたほうがスムーズです。

並んでいる時に前後の人にペン持ってる?って聞いて借りて書いてるツワモノもいた。

私ペン貸したやつ。←

 

列に並ぶこと15分くらい。

ついにきた順番…!

私の担当は若いお兄さんでした。

 

お兄さんに見せたもの

・パスポート

・入国カード

 

質問されたこと

・何しに来たの?→インターンシップ!

・どれぐらいの期間いるの?→2年!

 

お兄さん:OK!

私:(お。え?これだけ?終わり?やったぜ…!(゜□゜))Thank you!

 

他の人のブログやネットで見ていると、追加書類を見せたり、説明したりしている人もいるようなので、私は一番シンプルなバージョンだったのではと思います。

 

多分最初、何しに来たの?を聞き返して、インターンシップ!を2回くらい繰り返して通じた感じだったので、私の英語力の無さを感じとってくれて仕方なく通してくれたんだと思ってる。リアルに。

 

何はともあれ入国審査クリアヽ(^o^)丿いぇーい☆

 

で、荷物をピックアップしに行きました。

 

無事にすべての荷物が届いてました!

そしてこのときはまだgiffgaffのSIMゲット前だったので、空港のWi-Fiでお迎えに来てくれていた知り合いの方とも会えました。

 

その時に撮ってくれた写真↓

f:id:sayoo_de_kensaku:20181020063611j:plain

飛行機で特に動きやすく楽な恰好かつ、イギリスでも着続ける服ということで組み合わせがおかしいけど気にしてられない。←

 

こう見ると1人でこの荷物、ほんと頑張ったなと思う。

みなさんも腰と肩に気を付けて荷物運搬してください。

 

はー。ということで無事に?やっと次回からイギリス生活編スタートです!