赤毛のSayo's dairy

イギリスのワーホリ(YMS)についての備忘録

海外保険はどうしたの?

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

 

今回からは渡英にあたって日本から行った準備について書いていこうと思います。

その①海外保険入ったの?どうしたの?

 

私はアレルギーもち(鼻炎とか、結膜炎とかw)で、

数年前までは扁桃炎もなりやすい軟弱野郎でした。

異国の地で体調不良の時に英語が通じる自信は全くもってない!

ですし、そんな余裕もきっとない。

異国の生活で自分の体調がどうなるかなんて、予測不可能。

ということで、海外保険には入ることにしました。

 

まずお伝えしておきたいのですが、イギリスにも日本と同じように国民全員が

入る保険があります。

通称NHS(National Health Service)と呼ばれるもので、YMSでの渡航者も全員加入義務があります。

渡英後、住む場所が決まったら、家の近くのGP(General practice)と呼ばれる「かかりつけ医」に登録して、何かあれば登録した病院へ行き医師の診察を受けるのですが、先に渡英して生活している諸先輩方のブログやネットを見ていると、あまり迅速に対応してもらえなかったり、体調が悪いのにアポだけとって帰されて後日行くと医師は休みだったり…なんてこともあるそうで。

そんなの困る!意味ないじゃん(゜□゜)!て感じですよね。

いつ何があるかもわからないのに。

 

実際どうなのかはまだわかりませんが、少しでも海外生活での不安は消しておきたかったので入ることにしました。

 

で、私がどの海外保険に加入したかというと。

ジェイアイ傷害火災保険の「t@bihoたびほ」にしました。

なお他の保険会社もネットで調べたのみで、説明を聞きに行ってはいません。

面倒くさがりなのと、30なんだから本当もう少しこういう大事なことは勉強しなよって感じなのは十分わかっているけれど、なんせ苦手。

私は日本の医療保険も加入したまま行くことにしました。

私の加入している保険会社では海外での医療行為も申請すれば対応してくれるタイプだったので、海外保険では疾病死亡・障害死亡保険金は無しにしています。

あくまでも海外で絶対必要不可欠な下記項目を、保険料高めに設定しました。

 

私の加入項目こちら↓

f:id:sayoo_de_kensaku:20181019211552j:plain

・後遺症が残ったら親に金銭的な負担がかかる

・治療・救援→キャッシュレスで診療受けたい

・賠償責任必須

(他人を怪我させた、物を壊した、ホテルの部屋を水浸しにした、アパートや借用住宅の失火させた(すべて事故による)など法律上の賠償責任を負った場合の保障)

・生活用動産必須

(携行品、アパートや借家に滞在する場合の住居内の家財や盗難のトラブル時の保障)

・手荷物、航空機遅れたら困る

・弁護士→万が一のために入れとこ

・テロ対応→一応

・緊急一時帰国→かなり高齢の祖母がいるので、何も無いことを願うけどいつでも対応できるように

 

てな感じでこのプランにしました。

たびほに決めた理由は

・最大保険期間内であれば分割払いが可能

・2年に延長もOK

・保険料額が他社よりお手頃

この3点でした。

 

渡航までに時間がなかったのと、行くと決めてから貯金を本格的に始めた←

ので、あまり大きな金額をどかんと一度に払いたくなかったんですよね。

渡英後すぐに仕事するのかも、できるのかもわからない状態だったので。

なるべく手元にお金をおいておきたかったので、クレジットの分割払いができるたびほにしました。

 

ちなみに私が比較した他社は東京海上日動

workingholiday-hoken.jp

ワーホリネットさんのページで紹介されています。

説明会の時に資料をもらったので、それで比較検討しました。

このページに掲載されている内容とほぼ同様です。

東京海上日動の場合は店舗窓口や電話で問い合わせもできますし、私が調べた時とは内容も異なるかもしれないので、詳しい内容やプラン等については問い合わせてみてくださいね。

 

他のところはネットで比較されているページを見てなんとなく理解←

見たサイトはこちら↓

万が一に備えて…ワーホリ渡航者にオススメの海外旅行保険3選 | 世界一周の教科書 セカパカ|バックパッカーの旅・旅行のバイブル

留学ワーホリの保険は節約できるのか? | ココア留学

後編・ワーホリ海外保険はどれにしよう - ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

保険は何に入る?@YMSイギリスワーホリ - 石橋はブッ叩いて渡る@YMSイギリス

などなど参考にさせていただきました。諸先輩方ありがとうございます…!!

 

これでいつでも日本語対応の提携病院に行けるようになったので一安心。

 

ではまた。